妊娠中おりものが臭い

妊娠中のおりものが臭い原因と対処法

妊娠中 おりもの 臭い

妊娠してから「おりものが臭い…」と感じる妊婦さんは非常に多いです。

 

妊娠すると女性ホルモンバランスが変化し、おりものにも今までとは違った変化が起こります。

 

妊娠してから量が増えた、色が変わったかも…と感じるのはこのためです。

 

また臭いに関してはエストロゲンの働きによって膣内がアルカリ性に傾くので臭いがおさまるのが通常です。

 

おりものの臭いがちょっと気になるな…程度なら特に問題視する必要はありません。

 

ですが、他の人に「なんか臭くない?」と指摘されたり、自分でも洋服の上からモワンと臭いがしてくるほどおりものの臭いがしてしまう場合はデリケートゾーンの環境が悪化している証拠なので、エチケットとして臭いケアを始めたほうがよいでしょう。

 

黄色味かかっている、明らかに量が多い、下腹部痛を伴うといった場合は病院で診察を受ける必要があります

 

痒みや痛みはないけどおりものの量が増えて日中臭いが気になる場合は適切なケアで臭いを抑えることが可能です。

 

特に仕事をしている場合同僚に「なんか〇〇さん臭うな…」と思われるのは避けたいですよね。妊娠中は体が臭うのはしょうがないとわかっていても、可能ならば臭いを抑えて快適に過ごしたいのが本音です。

 

ここでは妊娠中のオリモノの臭いを抑えるための方法をご紹介します。

妊娠中おりものが臭い時の対策方法

おりもののナプキンをこまめに買える

妊娠中は妊娠していない時よりもおりものがたくさん排出されるので、ナプキンを使わないとすぐに下着や衣服におりものがついて蒸れてしまいます。

 

日中おりもの臭が気になる場合はおりもの用ナプキンを使用し、こまめにナプキンを変えるようにしましょう。

 

また妊娠後期になると尿漏れをしやすくなります。尿とおりものが混ざると余計に臭いが強くなるので尿が下着につくのを防ぐためにもナプキンの使用をオススメします。

刺激が強いボディーソープで洗わない

おりものの臭いを消すためにボディーソープや石鹸で陰部を洗っていませんか?実はその洗い方が余計にデリケートゾーンの臭いを増強させてしまっている可能性があります。

 

というのも陰部にはデーデルライン桿菌といって陰部の自浄作用やバリア機能を保つ善玉菌が存在します。この菌のおかげでトラブルがない理想的な陰部が保たれています。

 

市販のボディーソープの界面活性剤は強い洗浄成分でこれらの洗剤でゴシゴシと洗うと必要なデーデルライン桿菌までも洗い流されてしまいます。

 

すると陰部を正常に保つ善玉菌がいなくなり、自浄作用が低下して性病にかかりやすくなったり、オリモノ臭に加えさらに陰部の臭いが強くなる原因になります。

 

洗いすぎが逆に皮膚に負担をかけ、臭いを強くさせてしまっているので使用するボディーソープと陰部の洗い方を見直す必要があります。

妊娠中のおりものの臭いを抑えるためには?

妊娠中に気になるほどの臭いが出ている場合、日中のこまめなナプキンの取替えと、入浴中の陰部のケアでオリモノの臭いを抑えることが可能です。

 

ナプキンのこまめな交換はわかっていてもちょっと面倒くさいもの。それなら入浴中のケアでナプキンを取り替えなくてもさほど臭いが気にならなくなるようにできたらいいですよね。

 

といっても妊娠中は肌がデリケートです。市販のボディーソープや石鹸は刺激が強く、使わないでくださいと指示する医師もいるほど。

 

特に膣の近くはすぐそこに赤ちゃんがいるので肌に負担がかかる洗剤、赤ちゃんに影響を与える可能性があるものの使用は控える時期です。

 

アソコの臭いを改善するためのグッズは様々ありますが、妊娠中となると全てを安全に使用できるとは言えません。

 

ここでは妊娠中でも安心して使用できるおりものの臭いを防ぐグッズをご紹介していきます。

妊娠中でも使用できるおりもの臭を抑えるグッズ

アンボーテフェミニーナウォッシュ

アンボーテ フェミニーナウォッシュは妊娠中でも赤ちゃんにも使える日本で初めてオーガニック認証COSMOSの認定を受けているボディーソープです。

 

気になるデリケートゾーンの臭い+黒ずみの両方を同時にケアしてくれます。

 

特に陰部の粘膜部分は経皮毒性が懸念されている場所。大切な部分に使用するものだからこそ安全性と配合成分にはこだわり肌のバリア機能をケアし、陰部の臭いがでてしまう環境を整えます。

クリアネオパール

クリアネオパールはデオドラント商品を取り扱い会社から誕生したデオドラントボディーソープ。

 

スソワキガ臭を抑える効果もあり、日中の気になる陰部の臭いを抑えてくれます。全身にも使えるのでワキや足など、妊娠してから気になりだした全身の臭いケアに使用できます。

妊娠中おりものが臭ってしまう原因

オリモノの量が増える

妊娠するとホルモンの影響や膣の自浄作用によっておりものの量が増えます。妊娠後期は赤ちゃんが外に出てきやすくするように膣を潤わせるためにオリモノの量が増えます。

 

妊娠中のおりものは水っぽくサラサラしているのが特徴で膣内を酸性に保ち外部から雑菌が侵入するのを防ぐ役割を果たして
くれています。

 

妊娠中のおりものはややすっぱい臭いが正常ですが、外に漏れ出るほど臭いがキツイ場合は正しい対処をすれば臭いを改善させることが可能です。

おりものが臭いと性病の危険性がある?

おりものが臭いと「もしかして性病!?」と心配になる妊婦さんも多いと思います。もし性病に罹患している場合、おりものが臭うだけではなく、色や状態にも変化が出ることが多いです。

 

色でいえば黄緑、緑色っぽい、もしくは白いポロポロしたチーズのようなものが出ているといった変化が起こります。

 

もしそういった変化はなく、痒みも痛みもないけどただおりものが臭い、魚が腐敗したような臭いが服を着ていてもしてしまうといった場合は雑菌が多く発生してしまい、臭いがきつくなってしまっている可能性があります。

 

まずは自分のおりものの変化を見極め、セルフケアで大丈夫か、病院を受診したほうがよいのかを判断しましょう。

妊娠中のこんなおりものには要注意!

妊娠中のおりもので、以下のような異変があったら注意が必要です。まずは産婦人科で陰部のおりものについて医師に相談しましょう。

 

かゆみを伴う

白いおりものではなく、黄色、緑色、黄緑色、灰白色になっている

カッテーチチーズのようなポロポロしたおりものが出る

細かい泡状のようなおりものが出る

魚が腐ったような匂い

 

妊娠中はカンジダになりやすく、この場合病院での治療が必要になります。

 

痒みもない、おりものそのものは異常がないといった場合は、自宅でできるケアがオススメです。

 

 

 

 

更新履歴