妊娠中おりものが臭い

妊娠中のおりものが臭い原因と対処法

妊娠をするとおりものが臭い…と感じる妊婦さんは多くいらっしゃいます。妊娠するとホルモンの影響や膣の自浄作用によっておりものの量が増えます。

 

妊娠中のおりものは水っぽくサラサラしているのが特徴で膣内を酸性に保ち外部から雑菌が侵入するのを防ぐ役割を果たして
くれています。

 

通常、妊娠すると膣内がアルカリ性に傾くので臭いがおさまるのが通常です。

 

おりものが増えることで多少臭いが気になる…というのは誰にもありがちですが他の人に「なんか臭くない?」と指摘されたり、自分でも洋服の上からモワンと臭いがしてくるほどおりものの臭いがしてくると、私生活でも困ってしまいますよね。

 

特に仕事をしている場合同僚に「なんか〇〇さん臭うな…」と思われるのは避けたいものです。

 

妊娠中のおりものはややすっぱい臭いが正常ですが、外に漏れ出るほど臭いがキツイ場合は正しい対処をして臭いを改善させましょう。

妊娠中おりものが臭い時の対策方法

おりもののナプキンをこまめに買える

妊娠中は妊娠していない時よりもおりものがたくさん排出されるので、ナプキンを使わないとすぐに下着におりものがついて蒸れやすくなります。

 

日中おりもの臭が気になる場合はおりもの用ナプキンを使用し、こまめにナプキンを変えるのは必須です。

 

また妊娠後期になると尿漏れをしやすくなります。尿とおりものが混ざると余計に臭いが強くなるので尿が下着につくのを防ぐためにもナプキンの使用をオススメします。

 

ボディーソープで洗わない

おりものの臭いを消すためにボディーソープや石鹸で陰部をゴシゴシを洗っていませんか?実はその洗い方が余計に臭いを増強させてしまっている可能性大です。

 

というのも陰部にはデーデルライン桿菌といって陰部のバリア機能を保っている善玉菌が存在します。

 

市販のボディーソープは界面活性剤など強い洗浄成分が配合されているのでこれらの洗剤でゴシゴシと洗ってしまうと必要なデーデルライン桿菌までも洗い流されてしまいます。

 

すると陰部の臭いを正常に保っている善玉菌がいなくなり、自浄作用が低下して性病にかかりやすくなったり陰部の臭いがさらに強くなる原因になります。

 

洗いすぎが逆に皮膚に負担をかけ、臭いを強くさせてしまっているので使用するボディーソープと陰部の洗い方を見直す必要があります。

 

妊娠中のおりものの臭いを抑えるには?

妊娠中は肌がデリケートになっています。

 

特に膣の近くはすぐそこに赤ちゃんがいるので肌に負担がかかるもの、赤ちゃんに影響を与える可能性があるものの使用は控える時期です。

 

アソコの臭いを改善するためのグッズは様々ありますが、妊娠中となると全てを安全に使用できるとは言えません。

 

ここでは妊娠中でも安心して使用できるおりものの臭いを防ぐグッズをご紹介していきます。

 

アンボーテフェミニーナウォッシュ

妊娠中でも安心して使えるボディーソープにアンボーテフェミニーナウォッシュがあります。実際に私も妊娠中に使用していました。

 

このアンボーテフェミニーナウォッシュはデリケートゾーン専用のソープでオーガニック素材のみで作られています。

 

デリケートゾーンに使用できるソープはいろいろありますが、妊娠中の妊婦さんに気をつけてもらいたいのが吸皮毒性です。

 

陰部の粘膜部分は経皮毒性が懸念されている場所で市販のボディーソープは合成活性剤などが含まれています。

 

妊婦さんの体は非常にデリケートなので、この時期に刺激が強いものを使うのは逆効果になってしまう可能性があります。

 

一方、アンボーテフェミニーナウォッシュは赤ちゃんでも使えるほど肌に優しい成分でできているソープで妊娠中の気になる臭い、黒ずみを抑えてくれます。

 

私も妊娠する前からおりものの臭いが気になっていて、騙されたと思って使ってみましたが臭いに関しては即効性がありスッキリ&さっぱりで臭いが次の日から気にならなくなりました。

 

出産するまでこの臭いを我慢しなければいけないのか…と悩んでいる妊婦さんにはオススメです。

 

妊娠中のこんなおりものには要注意!

妊娠中のおりもので、以下のような異変があったら注意が必要です。まずは産婦人科で陰部のおりものについて医師に相談しましょう。

 

かゆみを伴う

白いおりものではなく、黄色や緑がかった色

カッテーチチーズのようなポロポロしたおりものが出る

魚が腐ったような匂い

 

痒みもない、おりものそのものは異常がないといった場合は、自宅でできるケアがオススメです。